スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

-トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MO デッキ

【MOデッキ】 モダントライバル「壁」

私が大会に参加したときのデッキを記載します。
ただ1名の方が遅刻されたので、2回戦以降は主催としてその方と交代したので一戦だけの活躍でした。

ここで日の目をみさせることにします。
デッキリストは追記でご覧下さい。



土地 22

4 《湿った墓/Watery Grave》
3 《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
2 《神無き祭殿/Godless Shrine》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
3 《反射池/Reflecting Pool》
2 《アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery》
2 《ディミーアの水路/Dimir Aqueduct》

クリーチャー 22
4 《濃霧の層/Fog Bank》
4 《前兆の壁/Wall of Omens》
4 《欠片の壁/Wall of Shards》
4 《氷河の壁/Glacial Wall》
4 《否定の壁/Wall of Denial》
2 《欺瞞の神、フィナックス/Phenax, God of Deception》

その他 16

4 《流刑への道/Path to Exile》
4 《精神刻み/Mind Sculpt》
4 《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
4 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》


今回の大会が神々の軍勢プレリ後ということで、《欺瞞の神、フィナックス/Phenax, God of Deception》を使いたいと思って組んだデッキです。
仕事帰りに速攻くんだので、結構土地がキツメです。
《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》も壁を残しつつウィニーを一掃出来るのでなかなかいい仕事をしてくれます。
《濃霧の層/Fog Bank》は巻き添えを食らってしまいますが。

《精神刻み/Mind Sculpt》ではなく《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》を入れたかったのですが、チケが無かったので断念。
ビートダウンがメインのモダントライバルであえて軸をずらし、ライブラリーアウトで勝つデッキです。
接死持ちには弱いものの、そこらへんは《流刑への道/Path to Exile》で対処します。

《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》ぐらいしか継続的なドローがないのですが、レジェンド&PWルールの変更でジェイスの奥義つかった後に2枚目出してカードを引く動きが強い。

初戦2-0いきましたが、土地22枚でよく回ったなあという感じです。
ラヴニカのバウンスランドのおかげでもありますね。
《反射池/Reflecting Pool》もダブルシンボル多めなこのデッキでは必須です。

最初ライフ獲得手段として《崇敬の壁/Wall of Reverence》を入れていましたが、パワーとタフネスを読み間違えていたのであまり回復せず《欠片の壁/Wall of Shards》になりました。
スポンサーサイト

1コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

jumphero

Author:jumphero
思いついたままを。
MOでのクランメンバー、遊び相手も募集です^^

詳しくはこちら

PSO2とドラクエ10やってます

ご連絡は jumphero2006@gmail.com に。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
Twitter
XBOX ゲーマータグ
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。