スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

コメントの投稿

-トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
MO あれこれ

カレイドスコープ・土地、マナ加速

マルチカラー環境と言えば土地&マナ基板
そのほかユーティリティ的な土地なども。

追記でどうぞ。少し大きい文字

・土地

カードプールはレガシーと同様なので、フェッチランド、ショックランド、デュアルランド、様々なおまけつきタップイン多色土地と多種多様な多色土地が存在しています。
《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》、《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》、《雲上の座/Cloudpost》、《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》など莫大なマナを出す事が出来る土地も使用可能なのであわせてどうぞ。

《パルンズの柱/Pillar of the Paruns》

Pillar of the Paruns

カレイドスコープにうってつけの土地。
あくまでも唱えるためのコストなので、起動型能力には使えないので注意。
また《火+氷/Fire+Ice》などの「単色カード+単色カード」の分割カードにもつかえません。

《反射池/Reflecting Pool》

Reflecting Pool

《真鍮の都/City of Brass》、《宝石鉱山/Gemstone Mine》、《鮮烈な草地/Vivid Meadow》などの5色土地とあわせて使いデメリットの無い5色土地として運用するのが基本。
タッチカラーを補佐するのには向きませんが、ダブルシンボルのカードが使いやすくなります。

・クリーチャー化する土地

Ghitu Encampment Celestial Colonnade Dryad Arbor

いわゆるミシュラランド。
《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》は元々土地・クリーチャー・カードです。
1ターン目に出せるクリーチャーの選択肢がそれほどないため、1ターン目に《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》などのクリーチャーになれる土地カードを使うのも有用です。
《生けるものの洞窟/Zoetic Cavern》という選択も。

・除去になる土地

《ロノムの口/Mouth of Ronom》

Mouth of Ronom

氷雪土地多めにいれる必要がありますが、都合6マナ+《ロノムの口/Mouth of Ronom》生け贄で4点ダメージを飛ばせます。
そのほか《流砂/Quicksand》、《闘技場/Arena》、《ケルドの死滅都市/Keldon Necropolis》など。

《地盤の際/Tectonic Edge》

Tectonic Edge

《不毛の大地/Wasteland》(と《露天鉱床/Strip Mine》)は禁止にしましたが、土地破壊出来る土地は他にもあります。
土地を縛るカードはほかにも《リシャーダの港/Rishadan Port》、《黄塵地帯/Dust Bowl》、《幽霊街/Ghost Quarter》など。

・マナ加速

マナ・クリーチャー

《野生の朗詠者/Wild Cantor》

Wild Cantor

《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》なきあと、唯一の1マナのマナ・クリーチャー。
多色版《ブラッド・ペット/Blood Pet》であり、単発なので注意。

他のマナ・クリーチャーは2マナ以上となってきます。

Steward of Valeron Llanowar Dead Knotvine Mystic

《ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld》なども。

・土地サーチ

《守美者の探索/Safewright Quest》

Safewright Quest

手札にいれるため加速は出来ないが必要に応じた土地をサーチできる。
手札が減らない利点もあるが、土地の安定供給ならフェッチの方がいいかも。

《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》

Knight of the Reliquary

フィニッシャー兼土地サーチ。
こちらも土地の総数は増えませんが、《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》などの土地を持ってくることでマナ加速になります。

そのほか《激情の耕作/Frenzied Tilling》など。

・そのほかのマナ・ブースト

《脈火の境界石/Veinfire Borderpost》サイクル

Veinfire Borderpost

基本土地多めのデッキなら1ターン目にタップイン状態で戦場に出せ、3ターン目には普通にマナ・アーティファクトとしてプレイ可能。
カレイドスコープでは有効な1ターン目の動きです。

《豊穣の痕跡/Trace of Abundance》

Trace of Abundance

マルチカラー版《肥沃な大地/Fertile Ground》。
被覆も持たせるため、ミシュラランドを守るのにも。

《コビトカバ/Pygmy Hippo》

Pygmy Hippo

さすがに攻撃が通らなさそう&相手がタップアウトしてると意味がありません。

《死体の花/Cadaverous Bloom》 & 《資源の浪費/Squandered Resources》

Cadaverous Bloom Squandered Resources

コンボのお供に。

《過ぎたる実り/Overabundance》

Overabundance.jpg

《魔力のとげ/Manabarbs》+《ほとばしる魔力/Mana Flare》
マナが大量に出るようになるが、ダメージが馬鹿にならないのでデッキ構築から気を配りましょう。
スポンサーサイト

1コメント

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

jumphero

Author:jumphero
思いついたままを。
MOでのクランメンバー、遊び相手も募集です^^

詳しくはこちら

PSO2とドラクエ10やってます

ご連絡は jumphero2006@gmail.com に。

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
Twitter
XBOX ゲーマータグ
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。